現在注目を集めつつある自然葬

自然葬は葬儀の一形態です。

通常の葬儀では、葬儀が終わった後に骨は墓の中に収められます。しかし、自然葬では骨は自然の中に返す方法が選択されます。
自然葬はいくつか種類があり、海や山に遺骨をまく散骨が特によく知られています。

樹木葬と呼ばれる方式もあります。
これは花や樹の下に遺骨を埋葬するものです。

このような葬儀の方式が広まったのは、死後は自然に帰りたいと言う希望を持つ人が多くなったことが原因です。

また普通の墓にくらべて、費用がかからないと言うメリットもあります。さらに普通の墓のように後に残った人が管理をする必要はほとんどありません。

普通の墓をつくる場合は、まず墓用の土地を購入して、墓石を買って墓を完成させます。

その場合の費用は地域によって異なっていますが、高いところだったら、200万円を超える場合があります。

自然葬の費用は、50万円以内に収まることが多いです。


墓に似た埋葬法に霊園があります。

霊園の場合は、墓を建てるよりは費用が安くなりますが、それでも総額の費用が50万円を超えることが多いです。

livedoorニュースにまつわる情報をまとめています。

自然葬を行う場合、法律に抵触しないか気になる方は多いと思います。

先ほど書いた樹木葬の場合は、法律で認められた霊園を使うことになるので、違法性はありません。

しかし、山や海に散骨する場合は、いくつかの注意が必要になります。

特に大切なことは骨の形が残ったままで、散骨しないことです。

骨を砕いて出来るだけ小さくして、まく必要があります。

茨城の自然葬サイトを今すぐ確認してみましょう。

一般に2ミリ程度以下にするのが好ましいとされています。骨の形が残ったままでまくと、刑法の死体遺棄になってしまうことがあります。