自然葬ほど配慮に富んだ葬送方法はありません

自然葬とは、墓ではなく海や山に遺骨や遺灰を撒くことにより自然の中へ還して行こうとする葬送方法です。

日本でよくみられる墓石を用いた埋葬方法とは異なり、墓石を用いず墓標なき状態で遺骨を自然に還して行くものです。火葬が義務付けられている日本では自然葬と散骨は意味合いがよく似ています。

広い意味での自然葬は、土葬や冷凍葬、樹木葬、水葬、風葬なども含めます。

家族構成の変化により、代々の墓守を維持することが困難になりつつあります。
そのため、墓じまいなども行われるようになったことも墓標や墓石を必要としない自然葬が見直されるようになってきた一因です。

自然葬としての散骨については、骨を単にばら撒くのではないかという誤解が今でも一部で存在しています。

改葬の情報ならこちらで掲載されています。

私有地に撒くケースも出ていることから、土地の所有者の許諾を得た上で行う必要があります。更に配慮として3mm以下の粉状に遺骨を砕いて土に還すまたは海や川に還すということがマナーとして行われています。

理想としては故人が生前に誰が砕骨を実施してどこの場所に散骨をするかを本人と家族同意の上で決めておくことが望ましいです。



散骨の手順が合意のもとで決まっていることで、家族間で問題が発生することを減らせます。

ジョルダンニュース!の情報を集めました。

大きさが3mm以下のものは遺骨と一目では分からないことから遺灰と呼ばれます。遺灰を撒くことについては古代から行われているものですから、葬送の一つの方法として行われるものについては法律に触れることもありません。