永代供養墓について知ろう

最近のお墓には様々な形態がありますが、その中に永代供養墓があります。

永代供養墓とは通常のお墓とは違い、寺院の方で全て供養と管理をしてもらう形態です。
こちらの形態の特徴として全て寺院や宗教法人が管理しているので、遠方で日頃供養するのが難しい場合でも安心です。値段も一般のお墓と違いかなり安く済む場合がほとんどです。
通常のお墓の場合には土地代を含めて200万円から300万円程度かかりますが、永代供養墓の場合だと土地代を含めて50万円程度で済む場合がほとんどです。

寺院によってまちまちですが、墓地の管理費が入っている場合がほとんどです。
管理費が入っていない場合もありますが、それでも年間に10000円程度で済む場合があります。



供養ですが、通常のお墓の場合には希望する時に寺院に申し出る必要があります。
しかしこちらの形態だと彼岸会などの寺院の行事の時や、命日などの定期的な回向をする日には寺院の方で供養する事が可能です。

埼玉の永代供養関連情報を解説します。

寺院にもよりますが、生前の宗教や宗派は関係なく受け入れが可能な場合がほとんどです。その場合は寺院の化儀に基づいた供養を行う事になります。
ほとんどの寺院では檀家になる事は求められませんが、ごく稀に檀家になる事を求められる場合があるので、事前に確認しておく必要があります。

BIGLOBEニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

利用料の支払い方法ですが、現金払いが原則ですが寺院によってはクレジットカードやローンが利用する事が可能な場合が多いです。