お参りできなくても安心な永代供養のお墓とは

家族が遠い場所に住んでいたり、子どもがいなかったりしてお墓の維持・管理が難しいとき、代わりにお寺が永代にわたり供養・管理してくれるのが、永代供養です。

名称はお寺によって異なる場合がありますが、内容は基本的に同じです。

BIGLOBEニュース情報を、皆様へ配信するサイトです。

一般のお墓と異なるのは、納骨堂などに他人と一緒に祀られること、墓石が必要ないこと、一式料金を支払えばその後の維持費は必要ないこと、過去の宗旨・宗派は問われないこと、などの点です。

屋外で合祀される場合と、納骨堂やお寺の一角などの施設内に納められる場合とがあります。

供養の方法・タイミングはお寺によって様々ですので、気になる場合は直接確認することをお薦めします。

費用が抑えられる、維持・管理を任せられるなどの理由から、近年永代供養はますます注目を浴びています。

都市化・核家族化・高齢化などをうけ、お墓の維持・管理に悩む人が多くいることが、その背景にあります。



現代では寺院の後継者不足も深刻で、場合によっては寺院の規模縮小に伴い一般のお墓から永代供養へと改葬されることもあります。

すでにある家墓を、引っ越しなどの理由から、永代供養として改葬することも可能です。

その場合は、市区町村による改葬許可が必要になりますので、役場や寺院と連携を取りながら手続きを進めましょう。

埼玉の墓じまいに関する企業の一覧です。

ご自身が望む埋葬、そしてご家族が無理なく供養できる埋葬にするため、日頃からご家族と埋葬について意思確認しあうことが大切です。