お骨を海や山に還すいま注目される自然葬とは

近代日本では、墓石をつくり、その下に骨壷に納めたお骨を埋葬するのが主流でした。


いま注目されている自然葬は、骨を海や山などの自然に還したり、墓標としての墓石を用いなかったりする葬送のあり方です。具体的には、骨を粉状にして海や山に撒く「散骨」、墓地として指定された区域で、樹木を墓碑にして埋葬する「樹木葬」などを指します。

日本ではこれまで法律により、墓地以外での埋葬が禁じられてきましたが、1990年代から法的・社会的にも自然葬が認められるようになり、これを望む人も増加してきました。



自らが生まれた自然に還りたいと願う人、形式ばった埋葬を敬遠する人、核家族化・都市化によりお墓の建立・維持が困難な人、墓石建立による自然破壊に反対する人などから支持を受けています。

よく利用されている神奈川の自然葬の最新情報ならこちらを参考にしてください。

現在では葬儀会社、寺院、NPO法人などが自然葬を請け負っていますので、自然葬を望む人は、事前に家族やこれらの団体と相談を重ねることをお薦めします。
ただし、自然葬はあくまで葬送の方法であり、葬儀は事前に執り行われます。
これを選んだからといって、葬送の儀がなくなるわけではありませんので、注意が必要です。


また、樹木葬の場合は、お骨が取り出せず改葬ができなかったり、都市部から離れた場所にあったりする場合があり、遺族にとってデメリットが生じる可能性もあります。葬送の後、供養を誰がどのようにするのかまで考慮して検討することが、遺族への配慮につながります。

産経ニュースの情報を今すぐ確認できます。